糖尿病は誰にでも発症する?知っておくべきこと3選

病気になる意味

糖尿病にはいくつか種類があると言われており、今健康な方でも病気になってしまう可能性は捨てきれません。ですので、どういった違いがあるのか目を向けておくと良いでしょう。

原因の比較

1型

インスリンを司っている膵臓のβ細胞が破壊されることによって、コントロールすることができなくなってしまいます。ですので、お酒の飲みすぎなどは控えるようにすると良いでしょう。

2型

2型の場合は遺伝で決まることが多く、ストレスや運動不足、肥満体型などが引き金となっています。ですので、日頃から生活の乱れを正すことによって防ぐことができるでしょう。

糖尿病は誰にでも発症する?知っておくべきこと3選

病院

年齢

糖尿病は年齢によっても左右されることがあります。例えば、1型の場合は小さい子供や20代の方でも発症することがあります。反対に、2型の場合は40代以上の方に多く見られるので、定期的に小岩井の病院で検査を受けると良いでしょう。

男女

経緯

2型であればすぐに発病や進行をすることがないので、初期段階で治療を開始することができます。しかし、1型であればいきなり症状が現れて小岩井のクリニックでは治せないということもあり得るのです。そのくらい糖尿病は身近な病気なので、食事や運動をする癖をつけておくと良いでしょう。

笑顔の看護師

治療

1型はインスリンが体内からなくなってしまっているので、自分でインスリン注射を打つ必要があります。また、2型の場合は食事を変えたり、運動を取り入れたりすることでだいたいは改善することができます。しかし、糖尿病が悪化すると薬を服用しなくてはならなくなるので、早めに小岩井の医師の診断を仰ぐようにするべきです。

見直す時が来た

不規則な生活を続けているせいで命を落とすのは、とてももったいないことです。しかし、自分で生活リズムを整えるには根気が必要になってくるので、ドクターの手を借りると良いでしょう。

広告募集中